2010年12月21日火曜日

16日東工大リサイタル@御礼

16日東京工業大学でのリサイタルが終了しました。
ありがとうございました。



感覚を研ぎ澄まして、演奏を聴いてくださったお客様に
心から感謝申し上げます。
聴衆の皆様が、作品を一緒に作り上げてくださったように思います。


東工大の肥田野教授には、私の我侭なプログラムにもご賛同いただき、
温かいお心で受け入れてくださいました。


ユーロピアノ調律師の野中さん、
スタッフの皆様には、多くを助けていただきました。


90歳になるベヒシュタインは、とても素朴で温かい声を出してくれました♪


こうやって思うと、やっぱり演奏というのは一人ではできず、
多くの人の力を借りて、成り立つものだとつくづく思います。


本来、このリサイタルはピアニストの末永匡さんの公演でした。
急遽、バトンを受け取り、演奏する運びとなりました。


アンコールに末永さんのレパートリーであるクルタークの作品で
バッハにオマージュした作品を演奏させていただきました。
末永さんの復帰と、次回は彼の演奏を・・・
という祈りとメッセージを込めて♪

末永さんの演奏を楽しみにしていらっしゃる方が多くいると思います。
是非、次回は末永さんの演奏を楽しみにしていてください!


私のSOLO・リサイタルは今年はこれで終了。
あとは、24日にヴァイオリンとのDUOです!
非公開なので、皆様にはお聴かせできませんが、
竹中勇人さんと聴衆の皆さんで、
楽しんで今年最後の演奏をしてきたいと思います♪


全ての一期一会に感謝!

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

先日、勤務先ということもあり素晴らしい演奏を拝聴できました。

曲ごとの解説もさることながら、語るべきものがある芸術家ならではの才覚をピアノから離れて??年の私でも感じさせていただきました。
我が家のアップライトも年明けには調律して「きらきら星...」をまた練習してみたくなりました。

「バター塗り」のような小品も楽しみにしております。
また来年のリサイタルも何処かで。。。

Chika さんのコメント...

匿名さま

温かいコメントをありがとうございます。
何かしらを感じて頂けたことを大変嬉しく思います。
あらためて、音楽の素晴らしさを感じ、
偉大さを感じずにはいられません。

どこかでお会いできる日を心より楽しみにしております。

素敵なクリスマスを☆

差し支えがないようであれば、下記までメールをいただけると嬉しいです。
chikaiina7@gmail.com

Kato さんのコメント...

素晴らしい響きだったと野中さんから聞きました。

Chika さんのコメント...

Herr KATO!
コメントありがとうございます。
楽器の響きを出すように、
楽器の声に気持ちを傾けたように思います。

耳と心を傾ける。

工房コンサートもよろしくお願いします!